そばかすケアに最適な日焼け止めの選び方

そばかす 日焼け止め

そばかすを薄くしたり、作らせないためには紫外線対策が非常に大切です。

 

どんなに高級な美白化粧品を使ったとしても紫外線対策を怠たると、どんどんそばかすはできてしまうのでほぼ意味をなしません。

 

紫外線対策として日焼け止めを塗る方法がありますが、ただ日焼け止めを選ぶのではそばかすに効果が期待できないことがあります。

 

なので、そばかすの方がどのような日焼け止めを選んだら良いのかを知っておくことはとても大切です。

 

普段のそばかすケアの効果を引き出すための大切なポイントとして日焼け止めにもこだわりを持つようにしましょう。

そばかすを防ぐ日焼け止めの種類

そばかす 日焼け止め

紫外線の中には3つの波があり、そばかすの原因となってしまうのは紫外線B波と呼ばれるものです。

 

紫外線B波が肌に炎症を起こし、メラニン色素が色素沈着となりそばかすになってしまいます。

 

日焼け止めを選ぶ際は紫外線B波をどれだけ防御できるかに着目して選びます。

そばかすで悩む人が選ぶべき日焼け止め

そばかす 日焼け止め

日焼け止めに記載されているSPFの数値が紫外線B波をどれだけ防御できるかを表しています。

 

SPFの数値が高いほど、紫外線を浴びて日焼けするのを遅らせてくれるので紫外線B波の防御率も高くなります。

 

ただし、SPFの数値が高いものを選べばいいかというと、そういうわけでもありません。

 

数値が高いということはそれだけ肌に刺激を与えることになります。

 

そばかすができてしまっている、もしくはできやすい肌は強靭ではないので、数値が高いものを安易に選んでしまうと肌に刺激を与えてかえって悪影響を与えてしまうことがあります。

 

SPFが高いものを使うときは長時間外出する人が使うものであり、日常生活で使うものであればSPFが低いもので十分です。

 

紫外線B波によるダメージを遅らせてそばかすを作らせないことを目的とするなら、SPFが低いものを使って肌への刺激を少なくするのが良く、それをこまめに塗り直すのが良いです。

 

なので、SPFが20から30の低い日焼け止めを選ぶのが良いと言えます。

日焼け止めと一緒に使いたいコスメ

そばかす 日焼け止め

それから、そばかすの方が日焼け止めを選ぶ際にSPFの数値と合わせて、肌に刺激が少ないものかどうかも大切です。

 

ノンケミカルの日焼け止めやオーガニックコスメの日焼け止めを選ぶと肌の刺激を少なくし、負担を軽くしてくれます。

 

そばかすの方は肌が敏感な状態なので、日焼け止めを選ぶ際の選び方は、SPFが低いもの、ノンケミカルやオーガニックなど肌に刺激や負担が少ないものを選ぶことで安心して使えると言えます。