フレキュレルとシミウスならどちらのほうがより美白効果が得られるの?

フレキュレルとシミウス

 

フレキュレルと同様、高いシミ予防クリームとして人気を集めているのがシミウスです。

 

シミウスは医学雑誌で掲載されるほどの実力派の持ち主!

 

なので、フレキュレルとシミウスならどちらのほうがよりそばかすを防いでくれるの?と気になる方も多いです。

 

そこでフレキュレルとシミウスを比較してみました。

フレキュレルVSシミウス

  フレキュレル シミウス
有効成分

トラネキサム酸
グリチルレチン酸ステリアル

グリチルリチン酸
プラセンタ

美白成分

トラネキサム酸
グリチルレチン酸ステリアル

プラセンタ
保湿成分

シュガースクワラン
セラミド
キウイエキス

ヒアルロン酸
コラーゲン
シコンエキス

価格 4,470円 3,795円
返金保証制度 180日間 30日間
特徴 油溶性甘草エキスをリポソーム化 ダブルクリスタル処方

有効成分の違い

フレキュレル:トラネキサム酸+グリチルレチン酸ステリアル

シミウス:グリチルリチン酸2K+プラセンタ

 

フレキュレルはそばかすケアに特化しているだけあって、そばかすケアに効果的な成分トラネキサム酸が配合されています。

 

トラネキサム酸はシミができる際に発生するプロスタグランジンをブロックし、メラニン生成を抑えてシミやそばかすができるのを防ぎます。

 

さらに女性ホルモンの影響でできる肝斑にもこのトラネキサム酸が使われることからフレキュレルは肝斑にも効果が期待できるといえるでしょう。

 

シミウスはプラセンタの働きで細胞代謝を活発化させ、新しい細胞が生まれる過程をサポートします。

 

新しい細胞が作られれば古い角質は外に排出されやすくなるので、メラニンが蓄積された角質細胞を外へ除去できます。

 

ちなみにフレキュレルに配合されているグリチルリチン酸ステリアルはシミウスに配合されているグリチルリチン酸2Kよりも強い抗炎症作用を発揮するので、メラニン生成の原因となる炎症を抑制する力が強いのはフレキュレルと言えそうです。

保湿成分

保湿は肌の細胞間脂質をいかに効率よく保湿できるかが大切ですが、細胞間脂質を埋めている保湿成分はセラミドです。

 

なので肌のバリア機能を高めるにはセラミドを補うことが最も理想的ですが、フレキュレルには人型セラミドが配合されています。

 

一方、シミウスにはヒアルロン酸やコラーゲン等、どちらかというと真皮層に欲しい保湿成分が配合されています。

 

より高い肌に浸透し、保湿効果が期待できるのはフレキュレルと言えそうです。

価格の違い

フレキュレル シミウス 比較

価格はシミウスのほうがややお得に購入できます。

 

シミやそばかすケアは数か月間はかかるので、どちらを購入しても約半年を目安に使い続ける必要はあります。

 

半年使い続けたときの金額はシミウスが22,779円、フレキュレルが26,820円(クレジット払いの場合)で、半年で4,050円の差でした!

 

この価格の違いは配合成分の違いともいえるかもしれませんね。

 

フレキュレルのほうがシミウスよりもよりそばかすケアに特化し、肌への思いやりが感じられる美白化粧品です。

 

値段は安く済ませたい!という方はシミウス派ですが、フレキュレルは肌を優しくいたわりながらそばかすやシミを予防できるので、長年そばかすに悩んできた方にフレキュレルはぴったりと言えるでしょう。

返金保証制度の違い

フレキュレルにもシミウスにも返金保証制度がついています。フレキュレルは180日間、シミウスは30日間です。

 

フレキュレルがこれだけ長いのは実際に半年ほど使って効果がなければ返金してもらえるため。

 

シミもそばかすも1ヶ月では効果が得られないですよね。

 

またシミウスは肌に合わなかったときのみですが、フレキュレルは「効果を感じられなかった場合」つまりそばかすが薄くならなかったら返金OKなので、それだけ購入者側のことを考えてさらにそばかすケアに本気の美白クリームとも言えます。

 

シミウスは医学雑誌にも掲載された話題の美白クリームですが、宣伝戦略が上手で有名なのかもしれません。

 

購入費用のほとんどが宣伝費の美白化粧品と、配合成分にお金をかけた美白化粧品では得られる違いも明瞭ですよね。

 

フレキュレルとシミウスを比較しましたが、見ればみるほどフレキュレルのほうがより美白効果が期待できるクリームと感じました。

 

フレキュレルとシミウスならどちらのほうがいい?と気になった方はフレキュレルを強くお勧めします。

 

フレキュレル購入ボタン