そばかすを皮膚科で治す方法

そばかす 皮膚科

そばかすを薄くしたい考えた時に、皮膚科で治療することを検討する方が多いですが、皮膚科におけるそばかす治療はどのような方法で行われるのでしょうか?

 

皮膚科でそばかすを治療する場合には「レーザー照射」「光照射」「塗り薬や飲み薬による薬物療法」の3つに分けられます。

 

レーザー照射と光照射はそばかすに向けてレーザーや光を当ててそばかすを薄くして消していく方法です。(※詳しくはそばかすをレーザーで治療するメリット・デメリットをご覧下さい)

 

飲み薬や塗り薬による薬物療法は、薬を使ってそばかすの原因となるメラニンの発生を抑制し、ターンオーバーを整えてそばかすを薄くする方法です。

 

皮膚科の治療の場合は保険適用になる場合とそうでない場合があります。

 

そばかす治療において保険が適用される治療はレーザー照射の一部と飲み薬のおける治療です。

 

ただし条件があり、厚生労働省が認可しているレーザーの機械を使用している場合、厚生労働省が認可している飲み薬を使用している場合の2つの条件が合わさって保険適用されます。

 

なので、美容目的でそばかす治療を行いたい場合は保険適用にならないことがあるので注意が必要です。

 

皮膚科でそばかす治療を行うメリットは、1回の治療時間が短くて済むこと、1回から3回の通院で治療で改善が見られることがある点です。

 

そして、皮膚科から処方される塗り薬や飲み薬は自分の肌にできてしまったそばかすの種類に合ったものを処方してくれるので、患部に効きやすく効果的に治療できるのもメリットと言えます。