そばかすのレーザー治療を受けるメリット・デメリット

そばかす レーザー

そばかすに悩むと思い切ってレーザーでとってしまおう!と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

そばかすの治療には様々な方法がありますが、その中でもレーザー治療は効果が高い治療法と言われています。

 

1回のレーザー治療でそばかすが消えることもあるくらい効果が大きいので、早く取り去ってしまいたい!と考える人には一番効率がよいそばかすケアかもしれません。

 

しかし、そばかすのレーザー治療を受けることは必ずしもメリットだけではありません。

 

レーザー治療を受ける前にしっかりとメリット、デメリットを把握する必要があるので、ここではそばかすのレーザー治療のメリット、デメリットについてご紹介します。

そばかすのレーザー治療方法

レーザー治療はレーザーを肌に当ててそばかすの原因となる細胞を破壊し、そばかすを徐々に消して改善していきます。

 

レーザー治療を受けると綺麗になくなるといったイメージがありますが、その前に注意しなければいけないポイントもあります。

レーザー治療を受ける際のメリット

早くそばかすを薄くできる

 

レーザー治療を受ける際のデメリット

治療後、炎症が起きる可能性があり

痛みを伴う

肝斑は治療ができない

肌が綺麗になるまで数ヶ月〜1年後かかる

治療費が高額

またそばかすができやすい

そばかす レーザー デメリット

まず、レーザー治療を行った直後は肌に炎症が起き、またすぐに綺麗になるわけではありません。

 

レーザー治療を行った後は肌が赤くなり、そばかす部分が火傷したような状態になります。

 

その状態から1週間でレーザー治療を受けた箇所がかさぶたとなって剥がれ落ち、1ヶ月から2ヶ月くらいで徐々に跡が薄くなり、3ヶ月から半年くらいかけて綺麗になっていきます。

 

またそばかすのレーザー治療では痛みを伴います。

 

その痛みはゴムで弾かれたような感じであり、我慢できないくらいの痛みではありませんが、痛みに敏感な人は痛みを強く感じる場合があります。

 

そして、レーザー治療は肌への刺激が強いので、肌トラブルが起こる可能性があること、肝斑がある場合はレーザー治療が難しい場合もあることにも注意が必要です。

レーザー治療は費用が高いです。1照射あたりの金額と回数をかけたのが費用となる場合が多く、相場では1照射あたり2ミリのそばかすで5000円くらいと言われています。

 

そばかすの種類によっては一度の治療で消せない場合もあり、数が多いとその分費用もかかってしまいます。

 

 

レーザー治療は高い効果を期待できるのがメリットですが意外にもデメリット部分も多いことがわかります。

 

また肌を強くするわけではないため、その後の生活習慣によってはまたそばかすができてしまうこともあるのです。

 

数万円をかけてそばかすを綺麗にしても、また数年後そばかすが目立ってしまうのは辛いですよね…

 

一時的にそばかすを薄くするためならレーザー治療は有効ですが、レーザーを受けたからといってそばかすが完全に自分の肌からなくなるわけではない、ということは把握しておいたほうが良さそうです。

継続的にそばかすを薄くするためにはどうすればいいの?

レーザーでそばかす治療を受けたいと思うのは、そばかすを永続的に薄くしたい、のしくは消したいと思うからですよね?

 

そばかすができやすい方は普通肌と比較し紫外線の影響を受けてメラニンが生成されやすい敏感肌です。

 

敏感肌の方は常に紫外線対策、そして美白ケアを怠らずに行わないとそばかす(メラニン)が生成されてしまうので、そばかすが目立たない肌にしたいと願うのであれば、そばかすケアは継続的に行わなければいけません。

 

フレキュレルはそばかすができやすい肌質を考慮したそばかすケアをする美白クリームです。

 

そばかすができやすい肌質を改善して、今後そばかすで悩む回数を減らしたいという方は本格そばかすケア専用美白コスメでケアすることをおすすめします。

 

★フレキュレル★36%OFF

↓↓公式サイトはこちら↓↓

http://frequrell.com